ぎっくり腰と診断された、あなたへ。
人間本来の自然治癒力を向上させることで根本的な症状の改善をめざす、ホリスティックな骨盤整体です。
HOME > ぎっくり腰の原因に繋がる症状・傷病 : 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

ヘルニアとは

【ヘルニア】とは体内の臓器などが、本来あるべき部位から脱出した状態を指します。

一般的に多いヘルニアは、【鼠径ヘルニア】(脱腸)、【臍ヘルニア】(でべそ)など、同じ病名でも、病巣状態も、症状も対応法もまるで違います。


【椎間板ヘルニア】の場合は、椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態です。
人間の背骨は、【頚椎】7個、【胸椎】12個、【腰椎】5個の計24個の骨と、その間にある【椎間板】によって形成されています。
さらに【椎間板】は固いバウムクーヘンのような【繊維輪】と、その中にある【髄核】で形成されており、主に【髄核】、まれに【繊維輪】がなんらかの原因で飛び出し、脊髄や神経根の圧迫によって、さまざまな症状が出るいわゆる坐骨神経痛が引き起こされます。
一般的な腰痛に比べ、痺れを伴うことがあり、診断しやすいとも言われていますが、根治までには大変時間の掛かる症例と言われています。

 

どのような症状?

同じ【椎間板ヘルニア】であっても、【椎間板】の場所が【腰椎】側であれば、でん部から大腿部にかけ、ふくらはぎや足の先まで しびれや痛みが出てくることが多いです。
【椎間板】の場所が【頚椎】の場合、首下から指先への痺れや、背中の引きつり症状が多いと言われています。
痛みの程度は、病巣の大きさや炎症の重軽度により変わりますが、意外なことに咳や、くしゃみでも激痛がおこる場合があります。
【腰椎側 椎間板ヘルニア】の場合、一般的な激痛の他に、腰から足先にかけてしびれや痛み、接触感覚や寒暖判断が出来ない感覚障害、通常体温があるのに冷感継続、筋力の低下や、重度の場合 排尿障害なども出てくる場合があります。
仰向けになり、足を伸ばした状態で上に持ち上がらなくなる症状が出ます。

 

早い段階で整形外科や、整体院へ

【椎間板ヘルニア】の場合は、寝てれば症状が緩和しやすい【腰椎捻挫】とは大きく違います。
そのため、早い段階での通院をお勧めします。
また、腰痛もあり、痺れがあるからと言って、実は脳内出血だったという場合もありえます。
痛み以外の症状がある場合は、とにかく早い段階で専門家の判断を仰いで下さい。

 



他では治らなかった腰痛専門の骨盤整体クリニック

▲ 「 椎間板ヘルニア 」ページのトップへ


  ヘルスキュア
 
 
 
ぎっくり腰とは
ぎっくり腰の定義
どのような時に?
痛みが発生する原因
ぎっくり腰の原因に繋がる症状・傷病
腰椎捻挫
筋・筋膜性腰痛症
椎間板ヘルニア
坐骨神経痛
脊柱狭窄症
変形性股関節症
ぎっくり腰の治療
腰椎捻挫の病院治療
筋・筋膜性腰痛症の病院治療
椎間板ヘルニアの病院治療
坐骨神経痛の病院治療
脊柱狭窄症の病院治療
変形性股関節症の病院治療
ぎっくり腰になったら
家庭での腰椎捻挫の対処法
家庭での筋・筋膜性腰痛症の対処法
家庭での椎間板ヘルニアの対処法
家庭での坐骨神経痛の対処法
家庭での脊柱狭窄症の対処法
家庭での変形性股関節症の対処法